« ちょっとパリまで | トップページ | 原題は "Man On Fire" »

2004.12.19

和服とスローライフ

最近、休日は和服を着ていると書きました。

外出も普通に和服です。
買い物も行きます。
休日出社だってしちゃいます。

流行り物や流行り言葉の類は好きではないのだけれど、
和服を着るとスローライフが意図せず実践できることに気付きます。
(リンク先は「ニュース23」の筑紫哲也氏です。)

足袋を履き、襦袢を着て、長衣を着て帯を締め、
羽織に袖を通して羽織紐を留め、寒いのでとんびを羽織って、
雪駄を履いて、さぁお出かけです。

裾捌きがあるので余り大股では歩けません。
必然的に、歩幅は普段よりも小さくなります。
(女性の方はロングのタイトスカートを思い浮かべてみてください)
早足でちょこちょこ歩くのも何だかおかしいので、
ゆったり、一歩一歩踏みしめて歩きます。
走るなんてとんでもない。
電車の一本くらいは余裕で見送ります。

そうすると、普段は見えない物、気にも留めないものが見えてきます。
普段は「景色」としてしか認識していない情報が
もう少しだけ意味を持ったものに変わります。

それはショーウインドウの中の小物だったり、
店頭に飾られたパンダだったり、
見落としていた横道だったり、
喫茶店の店員さんの所作だったり。

面白いな、と思います。

基本的に猫目は目的を定めずに外出する、
なんていうことは非常に希で、
その上せっかちなので、脇目も振らずに目的地まで行き、
目的を達したらさっさと帰る、ということが常でした。

なので、たかだか着る物を変えただけで
此処まで気分が変わる物なのかと、少し驚いています。

年末の雑踏の中、人の流れに従ってのんびりぽてぽて歩いて、
そんなことを感じさせられた休日でした。

明日は成田経由でパリです。

|

« ちょっとパリまで | トップページ | 原題は "Man On Fire" »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和服とスローライフ:

« ちょっとパリまで | トップページ | 原題は "Man On Fire" »